シャンプーと育毛剤が役立つ!?自分に合った育毛対策とは

シャンプーで皮脂を除去する必要性

育毛の基本は毎日シャンプーをして皮脂をしっかりと除去することです。頭皮状態を健全化させるためには育毛剤やサプリが役立ちますが、最も基本的なことは毛穴に汚れを溜めないことです。毛穴に皮脂がつまると髪が生えにくくなり、全体的に痩せ細ってきます。毎日シャンプーをしているのに頭皮がベタつく場合は、髪を濡らして10分くらい放置してから洗髪してみましょう。時間を置くことで皮脂が柔らかくなり、アミノ酸系などの低刺激のシャンプーでも汚れをしっかり落とせるようになります。シャンプーは泡立てるほど洗浄力が増すので、予洗いをするのも得策です。最初に大体の皮脂を予洗いで落としておけば、シャンプーの泡立ちは格段によくなります。

育毛剤で毛根と頭皮を元気にする

シャンプー後に育毛剤を使用すれば、毛根を活性化させることができます。毛根の健康状態がそのまま髪質に反映されるので、元気な髪を手に入れるために育毛剤を活用しましょう。育毛剤は6ヶ月の使用を推奨しているものが多く、これはヘアサイクルを改善するのに時間がかかるためです。育毛で大切なことは髪の成長期を延ばすことで、そのためには少なくとも4~6ヶ月くらいかかるのです。育毛剤の中でも医薬品は実感度が高く、本格的に髪を増やしたい方に適しています。医薬部外品の育毛剤は、育毛よりも薄毛予防を目的にしたものが多いです。育毛剤を塗布したあとは、頭皮マッサージをすることで毛根に成分を届けやすくなります。指の腹を回転させるように刺激すれば、頭皮の血行促進も期待できます。

育毛とは、その名の通り「毛を育てる」ことです。今ある髪の毛を、頭皮環境を整えることで抜けにくく太い髪の毛を育てていきます。似ている言葉に発毛がありますが、発毛は新しく毛を生やすという意味です。