ヒアルロン酸を使った豊胸施術のメリット3選

体への負担があまりない

自分の顔や体にコンプレックスを感じて整形を受けたいと考える女性は多いです。なかでもバストが小さくて豊胸手術に興味がある女性は少なくありません。そんな方が気軽に受けられる美容整形だと人気を集めているのが、ヒアルロン酸注入です。これは、胸の目立たない箇所からヒアルロン酸を注入する施術です。注入する量を微細に調整できることから、自分が好みのバストサイズに仕上げることができますよ。また、メスで皮膚を切らないために体への負担が少なく、整形を初めて受ける方でも安心です。術後のダウンタイムの期間も短く、すぐに日常生活に戻ることが可能です。

傷跡は全く残りません

ヒアルロン酸注入による豊胸施術は、皮膚に全く傷跡が残らないこともメリットです。その最大の理由は、施術において全くメスを使わないからです。メスで皮膚をカットすれば大きく傷跡が残ります。しかし、ヒアルロン酸注入の場合、ただ脇や胸の下など目につきにくい所からヒアルロン酸を注入するだけです。術後は少し赤みが残りますが時間とともに消失していきます。したがって、友人と温泉や海に出かけて肌を露出しなければいけないシーンでも安心です。

触り心地に違和感がない

豊胸手術を受ける方の多くは、バストの触り心地について心配するものです。もしも恋人に触られて豊胸施術を受けたことがばれたらと危惧する傾向は高いです。その点、ヒアルロン酸は非常に触り心地がよく、バストに注入しても全く異物感がありません。柔らかい感触なので、恋人がいる方でも安心して施術を受けることができますよ。

ピンポイントで行うシミ取りのレーザーと違い、フォトフェイシャルのターゲットは広範囲です。出力の調整が可能なため、シミやくすみの度合いに合わせて照射パワーを切り替えます。効果はゆるやかです。